本日 182 人 - 昨日 148 人 - 累計 249371 人

あらためて考える「食と排泄」

「食べること」と「排泄すること」

8月にはじめて夜のオンライン研修してみました

テーマは、生きる上でとっても大切な「食と排泄」についてです。家庭でも施設でも悩むことの多い食と排泄ケアに改めて考える機会になりました。

参加者は10名余りと少なかったですが満足度の高い研修となりました。

8月研修アンケート1

画像


時間帯の希望は、18時開始の1時間の研修で好評でした。

8月研修アンケート3


感想の一部です。

8月研修アンケート4


コロナ禍で研修や家族の交流機会が少なくなっていますが

尋ねたいことを、いろいろな専門家に聞ける機会は良かったようです。




クラウドファンディングお陰様で成立しました❕

112人のご支援があり、ページを訪れてくれた人は744人もいました。

クルミボタンをお礼品としてこれから発送していきます。

クルミボタンが最終的に若年性認知症の方たちの仕事になるわけではありませんが、傷病手当や失業保険受給中に働きに行くことができない時期に、次の仕事につながるように活動しています。

このような場は、制度化されていないので、これまで参加したメンバーの作成したものを売って活動資金を作っています。

若年性認知症の人たちはタックに来ることで「仲間がいることで励まされたり」「頑張ろうと思える」そうです。今後の活動もホームページなどで見守ってもらえると嬉しいです。

最終スクリーンショット 2021-08-17 093418


クラウドファンディングの返礼品の発送準備しています。

事務所の近くで公共交通機関使わなくても来れるメンバーさんだけ来てもらい、一緒にコツコツ作業中

もうすぐ寄付いただいた方の元にとどきます。もうしばらくお待ちください

返礼品作業返礼品作業手元写真


研修のお知らせ

2021年07月31日

あらためて考える「食と排泄」

「食べること」と「排泄すること」

Zoomの研修です。

くわしくは→2021シリーズ研修「食と排泄」チラシ最終( .pdf / 775.4KB )



【タックの継続のためにクラウドファンディングに挑戦します!】

おはようございます。

応援メッセージも書き込んでくださいいただけると嬉しいです。

6月18日10時から公開されました。

----------------------------------------------------

・プロジェクトのタイトル

・公開のURL

https://readyfor.jp/projects/minnano2021tack

・目標金額 60万円

・プロジェクトの概要

若年性認知症の人の生き甲斐としての仕事の場タックの継続を応援してください。


DSC_1133



絵文字絵文字絵文字絵文字絵文字絵文字絵文字絵文字



本人の声を聴こう
京都市の下坂 厚さんを迎えて


京都にお住まいの下坂さんは、元お魚屋さん
2019年8月に若年性アルツハイマー型認知症の診断
を受け、様々な出会いがあり、現在は、高齢者のデイ
サービスで介護職として働いています。
彼とその支援を行っている方のお話しを聴いてみませ
んか?
7月31日研修チラシ

日 程:2021 年7月 31 日(土)13:30~15:30(13:15 より受付)
講 師 下坂 厚 氏 聞き手 沖田裕子(当法人理事)
参加費 正会員・賛助会員1500 円 非会員2000 円 認知症の本人無料
場 所 Zoom にて開催します。 定員80名 先着順

詳しくは→2021本人の声を聴こう 2 (1)( .pdf / 533.3KB )

申し込みフォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfyBJnnnnM7QNuRxH3Sx2JPBRHk6-e4ISDiPid895FzMqtzGQ/viewform

絵文字絵文字絵文字絵文字絵文字絵文字絵文字絵文字

次のページ
RSS